ビキニライン、お尻の周辺、股の間のアンダーヘアを全て処理することができるVIO脱毛は、日本でも受ける人が増えてきて定番のコースとして定着するようになりました。

VIO脱毛をする最大の理由はアンダーヘアをきれいに処理することで水着や下着をきれいに着こなせるようになって、むだ毛がはみ出したり透けて見えるのが防げるので、ファッションを楽しめるようになることです。

特にジムやプールに通っていたりビキニラインを他人に見られる機会が多い人におすすめのコースです。

水着を着こなせる以外にも有効な理由があります

アンダーヘアが密集して生えていると汗をかいたときにムレて体臭が気になったり、生理の経血やおりものが付着するとそこから雑菌が繁殖してしまうので肌荒れや痒み、かぶれ、不快感などの原因になります。

余計な毛がなくなってしまえばデリケートゾーンをいつでも清潔に保てるので、においや痒みなどが気にならず、周囲に不快な思いをさせる心配もなくなります。

プロによる脱毛なら確実で仕上がりがきれい

アンダーヘアは自分で剃るのが難しくて、見えない部分も多いためどうしても剃り残しが目立ってきれいに仕上がりません。

肌がデリケートなので毛抜きを使うと痛いし、無理をして処理すると怪我をして肌のトラブルを引き起こすこともあります。

プロによるVIO脱毛なら確実にむだ毛を処理できて、仕上がりもきれいなので堂々と水着やかわいい下着が着られるようになり、毎日快適に過ごせます。

VIO脱毛で毛が濃くなる現象について

VIO脱毛を行えば、蒸れやすい下半身のデリケートゾーンを常に清潔に保つことができますし、ムダ毛のはみ出しを気にすることなく気に入った水着などを楽しむことができます。

近年ではクリニック、エステ共にVIO脱毛が手頃な料金となってきたこともあり、年々利用者も増えてきていますが、その利用者の中には、脱毛後に毛が濃くなるという現象を報告する人も僅かながら存在しています。

VIOラインを綺麗にする為に施術に通ったにも関わらず、逆に濃くなってしまうようでは大変ですが、僅かでも濃くなる可能性がある以上、重要となるのはその場合の対処法です。

対処法をきちんと教えてくれるクリニックやサロンを選びましょう

クリニックやエステ側での対応がしっかりしていれば、万が一濃くなる現象が起こってしまっても、患者側に不利益が及ばない形での解決を目指してくれます。

最も重要となるのは、そういった僅かなリスクでも隠すことなく、真摯に説明してくれるクリニックやエステを選ぶことです。

リスクを隠してメリットだけを強調するクリニックやエステでは、適切な対応は期待しにくいので、契約前のカウンセリングなどでしっかりとチェックすることが必要です。

VIO脱毛の際には、万が一毛が濃くなってしまっても綺麗になるまで処理してくれる、保証の充実したクリニックやエステを選びましょう。

京都で安心してVIO脱毛が受けられる脱毛サロンを選ぶ

VIO脱毛でデリケートゾーンのムダ毛を処理

VIOラインとは、ビキニラインのV、陰部周辺のI、お尻の穴周りのOの部位のことをさします。

ここをお手入れすることによって、下着や水着から毛がはみ出る心配がなくなり、締め付けによるムレなどを緩和させることができます。

VIOラインは、デリケートなゾーンなので、エステサロンやクリニックで脱毛ケアを受けると安心です。むやみな自己処理を続けていると、皮膚が炎症を起こしたり、毛穴が目立ってしまうリスクがあります。

脱毛は光脱毛と医療レーザー、ニードルの3種類が主流

クリニックやエステで採用されている脱毛の方法には、主に光脱毛と医療レーザー脱毛、ニードル方法があります。

光脱毛は、皮膚に優しく痛みが少ないので、VIOラインのお手入れにも適していますが、ライトは粘膜の上に照射できないので、場合によっては希望する毛を処理できない場合があるので要注意です。

ニードル方法は、毛穴に針を刺して電気を流し、組織を凝固させて脱毛します。一度ケアが完了したら、再び生えてくる可能性が極めて低いという永続性がありますが、多少の痛みを伴うことがあります。

それぞれのメリットとデメリットを十分理解したうえで、お手入れを受ける前に、どの施術方法にするのか、カウンセリングの時に確認しておく必要があります。ケアが完了したら、女子力がアップします。