脚や腕のムダ毛は簡単に処理することができるものの、VIOのムダ毛はそう簡単に処理することができないので、多くの女性たちが悩んでいます。

ブラジリアンワックスを使用するのが定番かもしれませんが、慣れるまで時間がかかってしまうのも事実です。

最初のうちは剥がす時に強烈な痛みを伴い、角質も剥がれてしまうようなことがありますから、なかなかVIOをキレイにすることができないものです。

ブラジリアンワックスより断然医療レーザー脱毛

こういった悩みを解消するためには、やはり脱毛施術を受けてしまったほうが早いので、是非VIOの施術を受けてみてください。

エステサロンなどのフラッシュ脱毛と美容外科クリニックの医療レーザー脱毛が主流ですが、特におすすめしたいのは医療レーザーのほうです。

医療レーザーは痛みが強いといった印象をお持ちの方もいらっしゃいますが、近年は痛みの少ないマシンなどを使って施術しているところがほとんどなので、その点もご安心ください。

医療レーザーがおすすめな理由

なぜ医療レーザーのほうが良いのかと言いますと、フラッシュよりも効果が高く、少ない回数の施術でVIOのムダ毛を減らすことができるからです。

フラッシュによる施術のほうが値段が安いので、ムダ毛が減るまで時間がかかってしまったとしても、費用の負担を少なくしたいという方にはエステサロン等で施術を受けたほうがいいかもしれません。

しかし、できるだけ早くムダ毛を減らしたい、少し値段が高くても確実にムダ毛のない状態にしたい場合はクリニックがベストです。

VIO脱毛の効果が実感できるまでの回数

近頃は、見える部分だけではなく、見えない部分の脱毛をする人も増えてきており、VIOと呼ばれるデリケートゾーンの脱毛をする女性も増加しています。

下着や水着をきれいに着こなせるほか、ムレやかぶれがなくなるなど、衛生面においてのメリットもあることから、人気の高まっている部位です。

VIOラインの毛は他の部位と比べて施術回数が必要

VIOラインの毛は、他の部位の毛よりもしっかりとしているので、ツルツルの状態まで脱毛するには、他の部位よりも多くの回数が必要になることもあります。

毛の質や密集具合によっても変わりますが、京都の人気があるVIO脱毛サロンでの施術なら6回、クリニックでの施術なら3回目ぐらいから効果を感じることが出来るようになり、満足の行く状態にするには、サロンなら12回から18回、クリニックなら6回から8回通うのが一般的です。

VIOラインを効率的に脱毛するには、効果の高いクリニックでの医療脱毛、施術の期間が長くなっても良いから、痛みが少なく安いほうが良いというひとには、サロンでの施術が適しています。

VIO脱毛の無制限について

脱毛する部位のなかでも希望する方の多い、VIOラインですが、エステサロンの脱毛の場合、VIOの部位は、脱毛の効果を実感するのに回数がかかり、その人の毛の状態などによりもちろん個人差はありますが、完全脱毛状態になるまでには、VIOの場合は18~25回位かかると言われています。これは期間にして、3~5年かかります。

回数が多く必要なVIO施術はお得なプランを利用するのが◎

そのため、回数無制限プランを導入しているエステサロンも増えてきているようです。

サロンにより、プラン内容は様々ですし、無制限で通える年数も様々ですので、もしVIO脱毛を考えている方は、そういった面も考慮してエステサロンを選ぶと良いと思います。お試し体験なども、上手に利用しましょう。

VIOの部位は、とてもデリケートな部位なので、カミソリなどの自己処理でお肌が黒ずんだり、傷をつけてバイ菌が入ってしまったりするのは、怖いですよね。

でも、水着などをきたときに、はみ出したりするのも恥ずかしいですし、やはり信頼出来るプロにお任せして、きれいなお肌を手に入れましょう。

まずはワキやVラインから初めてみるのが良いでしょう

最初は、脇とVラインなどから始める方も多いため、脇とVラインの無制限プランを行っているエステサロンは多いようで、その後は、気になるようでしたら、Iライン、Oラインを追加するという方も増えています。

デリケートな部分であるため、施術者との相性も大切になります。当サイトにて京都で人気があるサロンを特集しているので、雰囲気やサービス等を比較して把握したうえで選ぶといいでしょう。

雰囲気がよくて通いやすい京都のVIO脱毛サロン特集で比較する

ハイジニーナ脱毛の前後の飲酒は控えましょう

ビキニなどの水着や、お洒落な下着を着るのに面倒なむだ毛のお手入れをしないですむハイジニーナ脱毛。

ビキニに覆われない部分のVライン、女性器の周囲のIライン、肛門周辺のOラインにあたるデリケートな部分のすべてを脱毛するわけですが、いざサロンやクリニックでハイジニーナ脱毛を受けようしても、飲酒をしている場合の前後は施術が受けられません。

アルコールは体温が上がるので皮膚に炎症が起こりやすい

また自己処理で行う際の前後にも飲酒は控えた方が良いのです。なぜならアルコールは体内の血行をよくさせ体温が上がるので、多少なりとも皮膚にダメージのある脱毛を行うと炎症が発生しやすくなり、痛みを強く感じてしまう恐れがあります。

また炎症が発生した場合には炎症が悪化しやすくなります。たとえば施術直後にまったく痛みや炎症などを自覚していなくても、その後にアルコールを摂取をすれば血流が良くなり、体温があがることによって、気付かなかった小さな炎症が悪化し非常に強い痛みを感じてしまうといったことが起こりえます。

飲酒は脱毛施術の前後12時間は控えましょう

最低でも施術の前後の12時間はお酒を飲まないように注意します。サロンやクリニックでの施術は通常数回にわけて行われますが、そのスケジュールの合間に会社や友人などとの飲み会などが組み込まれているような時には注意して、場合によってはお酒を控えるといった配慮が必要です。