女性にとってVIOラインの体毛が濃いと悩みの種となりますが、いざ脱毛しようと考えても、デリケートゾーンだし施術時の痛みが酷いのでは、と心配になることもあるかと思います。

確かにVIOラインのようなデリケートゾーンは感覚も鋭く、痛みなどを感じてしまいやすいので、レーザーなどを用いた脱毛ではかなり強い痛みが生じることも多くあります。

ですので、こうした痛みに敏感な部位の施術を受けることを考えた際、おすすめなのが京都にあるクリニックやVIOが脱毛できるサロンなのです。

VIO脱毛時に麻酔を使用したければ医療機関へ

何故なら美容外科クリニックなどの医療機関では、医師がクリニック内に常駐している状態ですので、あまりにも痛みが酷い場合などには麻酔を使用してもらいながら施術を受けることが可能だからです。

エステサロンや脱毛サロンでは、有資格者である医師がいないため麻酔は使用することができません。

もし痛みの軽減を謳っているとしても、せいぜい冷却装置が付いた機器や冷やしたジェルなどで多少緩和される程度です。

そのため、麻酔で痛みを軽減してもらいながらVIOラインの施術を受けたいと思われるのであれば、こうしたサロンではなく医療機関を選ぶことが必要となってきます。

VIOラインの体毛が濃くて気になってはいるけれど、痛みを耐えながらの施術までするかどうか悩んでいるというのであれば、一度医療機関の無料カウンセリングなどを利用して不安を伝え、麻酔の使用による脱毛時の痛みの軽減が可能かどうかを相談してみるのもいいかもしれません。

麻酔を使用する時の注意点は追加料金の有無

ただ、注意点として挙げられるのが追加料金がかかることもあり得るということです。麻酔の使用という処置が、本来のVIOラインの脱毛という施術に含まれていないものであれば、別途支払いが必要となることも考えられます。

きちんとした医療機関であれば、そうした場合にはあらかじめ説明があるかと思いますが、何も言われなかったとしても念のために確認しておくのが無難です。

市販で行うVIO脱毛について

皆さん脱毛法はどうしていますか。自宅で、市販品を買ってムダ毛を処理している人が多いでしょう。ところが最近は、若い女性を中心に、脱毛サロンでムダ毛を処理している人が増加しています。

街頭広告や、CMでご覧になった人も多いはずです。少なからず、脱毛してみようかと心が動いた人も多いでしょう。

サロンは価格の安さが魅力です。市販品を使ってやるよりも安いイメージがあって、それならいっそ、サロンで脱毛しようか考えている人も大勢います。

今はサロンでのVIO脱毛が女性に浸透している

特にサロンで人気なのが、脇です。次に人気なのが、VIO脱毛です。VIOってなんだろうと思う人も居るかもしれませんが、最近は多くの女性に浸透しているキーワードです。

デリケートゾーンといえば話が早いでしょうか。ビキニラインなどを指すVIOは、多くの女性が施術をしている部位です。

市販品で自分で行うにも、デリケートな場所なので、万が一があったら大変です。病院に治療に行くのもはばかれます。それなら、最初から、VIOもやってくれるサロンで処理してもらったほうが、時間もお金も節約できます。

見た目の良さもさる事ながら、清潔感がメリットです。トラブルが起こりがちな部位なので、やるなら早いほうがベストです。

 

当サイトにで、京都でVIOの脱毛ができるサロンを集めてランキングしているので、参考にすると良いでしょう。

京都のVIO脱毛サロンの料金・評判・効果分析ランキング

細い毛まで処理できるVIO脱毛

VIOラインは、脇と同じくらい処理がおろそかになった状態を他人に見せることができない部位でもあります。近年では多くの女性に利用されるようになったVIOライン脱毛ですが、その方法にはいくつかあります。

一時的にスピーディーに処理ができるブラジリアンワックス

ブラジリアンワックス脱毛では、デリケートな部分にも安心のワックス剤が使用され、専門サロンも全国各地にあります。

VIOラインはアンダーヘアでもあるので他人に見られたくないという人には、ワックスを購入して自宅で自分で行うこともできます。

はじめは痛みがありますが、繰り返すごとにするっと抜けるようになってきます。しかし、引き抜くためにそれなりの痛みは覚悟しなければなりません。細い毛まで根こそぎ処理できる効果があり、すぐに何とかしたい場合に向いています。

即効性はないが、施術を繰り返すことによって生えにくくするフラッシュ脱毛

一方、長期的にみて毛を生えにくくすることを目的として行われるのがエステサロンのフラッシュ脱毛です。先に除毛処理をしてから施術に臨みますが、一回の施術で即効性はありません。

毛の生える組織にダメージを与えることによって毛を弱らせ、繰り返すことによってだんだんと生えにくくなっていきます。似たような方法で行われるレーザー脱毛は、毛の生える組織を破壊するまでの力があるためにとても効果的です。

フラッシュ脱毛では反応しにくかった細い毛にも作用し、医師のいる場の施術なので安心です。

ハイジニーナ脱毛の剃り残しの対処について

ハイジニーナ脱毛に関心を持つ女性は多く、既にお手入れを完了している女性も多くいます。エステサロンでのお手入れであれ、クリニックでのお手入れであれ、ハイジニーナ脱毛をするにあたって、事前にムダ毛の自己処理を行う事になります。

剃り残しがあると火傷の原因になることもあるので注意

Vラインは自分でもシェービングができますが、IラインやOラインは、思いのほか大変です。予約の前にはシェービングを行い、サロンやクリニックへ行きます。施術前には、スタッフが必ず剃り残しがないかをチェックします。

黒いメラニン色素に反応するため、剃り残しがあると、ヤケドの可能性も出てくるためです。そのため、もし剃り残しがあった場合は、サロンやクリニックで、シェービングしてくれるのかどうかも、最初に確認をしておくことです。

サロンでシェービングしてもらうと別料金を請求されることも

有料でスタッフがシェービングしてくれることもありますし、スタッフは一切シェービングしないと徹底している事もあります。良心的なサロンやクリニックでは、わずかな量であれば、特に問題なく無料で、スタッフがシェービングしてくれるケースもあります。

思わぬ出費が発生することや、当日にハイジニーナ脱毛ができないといったことにならないよう、カウンセリングでは、事前のムダ毛処理についても詳しく説明を受けておくことです。