VIOラインには誰でも毛が生えているものなので、わきや腕、足に生えているムダ毛ほどには、気にしていない女性は少なくありません。

しかし毛の量が多いと、下着や水着のすきまからはみ出しますし、衛生的にも問題があるので、生えたままにしているよりは京都のVIO脱毛サロンで脱毛した方が良いでしょう。

VIO脱毛は色んな悩みを解消してくれる

ムダ毛のはみ出しを予防するだけでなく、VIO脱毛を行う意味は、肌を常に清潔な状態に保てることにもあります。

VIOラインはいつでも下着で覆われている箇所なので、通気性が悪く、暑い夏の日には汗をかいて、蒸れやすくなります。

汗や雑菌のニオイが混ざり合うと、何とも言えないニオイを発することがあるので、そんな悪臭に気付かれたら、交際中の相手に避けられてしまうでしょう。

プロが施術をしてくれるので恥ずかしがる必要はありません

VIO脱毛を行う意味は、そのような不幸を防げることですが、知らない人の前で下着を脱いで、施術を受けるのは恥ずかしいと思う女性は多いといわれています。

その気持ちはわからなくもないですが、相手はプロなので、何も気にせず淡々と仕事をしている人がほとんどです。毎日のように訪れる、多くの女性のVIO脱毛を行い、慣れていますから、施術を受ける側は気楽に構えるようにしたいですね。

施術が完了すれば、VIOラインがツルツルになり、清潔な状態に生まれ変わるので、夏の蒸れる時期に起こりやすいニオイやあせも、湿疹、吹き出物などに悩まされなくなるでしょう。

キャンペーン中に脱毛すれば少ない費用で済むので、毛量の多い人や、蒸れやすい人は試してみてください。

産毛を含むVIOのムダ毛に適した脱毛法とは

普段から水着などに身を包む機会の多い人や、恋人の前で自分の身体の隅々までを美しく整えておきたい人にとって、エステやクリニックで受けることの出来るVIO脱毛は今やなくてはならない施術法となっています。

ビキニラインのV、性器周辺のI、そして肛門周辺のOの3箇所を総称してVIOは、自己脱毛での処理が困難なデリケートゾーンでもありますので、ムダ毛の払拭にあたっては必ずプロの技術が必要です。

レーザー施術だと産毛はメラニン色素が少なく、効果が得にくい

主要なVIO脱毛にはレーザーやジェル、ニードルを使った施術法が存在しますが、とりわけ注意したいのはムダ毛の毛質に産毛タイプのものが多い場合です。

産毛はそこに含まれたメラニン色素が少ないため、広範囲を効率よく処理できるレーザー施術を行ってもうまく効果が発揮できないことが多くなってしまいます。

そのため、まずは脱毛士に毛質を確認してもらい、レーザー施術が可能か否かを判断してもらうことが必要です。

そんなときはジェルやニードルといった脱毛方法もあります

その上でもしも色素の薄さゆえに効果が得られないようであれば、その時にはジェルやニードルを使った施術に変更するとよいでしょう。

前者は特殊なジェルを毛穴から浸食させることで毛根に徐々にダメージを与え、後者は微量の電流を帯びたニードルを毛穴からひとつひとつ刺すことで毛母細胞を破壊して永久脱毛を施します。

いずれの手法でも高い効果が得られ、産毛を含むムダ毛の払拭された美しいVIOの状態が得られるはずです。

VIOや産毛のような細い毛にも効果を実感できる京都の脱毛サロン一覧

エステやクリニックの脱毛施術を受けて過去の自分と大きくチェンジ

毎日の生活は男女ともに仕事、家事、育児に追われっぱなしで大変なもの。そんな中で自分磨きの一環としてこまめに自己脱毛を行っていると手間暇や煩わしさも人一倍となり、さらにちょっとした間違いから肌トラブルや埋没毛などを引き起こしてしまうリスクも高まります。

そんなジレンマから抜け出して自らをポジティブにチェンジするためにもエステやクリニックを活用するのは賢いやり方といえるでしょう。

脱毛施術を受けてムダ毛の悩みをスッキリ解消しよう

常日頃、体毛の濃さにコンプレックスを抱えている男性であったり、あるいは薄手の服装や水着姿になった際に恥ずかしくないようなムダ毛処理を必要と感じている人は、これらのエステやクリニックで脱毛施術を受けることで安全、かつ効率良くムダ毛処理を行い、自らの悩みもすっきりと解消。身も心もチェンジすることが可能です。

エステではワックスやジェル、それにレーザーやフラッシュを使った手法が一般的ですが、もしも広範囲に大量に生えているムダ毛を短時間で処理するのであればレーザー施術が最適です。

この場合、照射された光のエネルギーが毛根の黒いメラニン色素と自動的に反応してダメージを与えるので、一つ一つのムダ毛を処理しなくても一度の照射で広範囲に影響を及ぼすことができます。

クリニックの医療レーザーなら、より高い脱毛効果を感じられます

またクリニックではこのエステのレーザー脱毛をさらに高出力にした医療レーザー施術を提供しています。これは医療行為であることからその脱毛効果も高く、一度照射すると長期にわたりムダ毛が生えない状態をもたらすことができます。

これらの施術を毛周期に合わせて月に一度くらいの間隔で定期的に続けることで、8回から10回目くらいにはムダ毛も大方取り除かれ、これまで悩み続けてきた自分とは大きくチェンジできていることでしょう。

ハイジニーナ脱毛の通い方について

女性のアンダーヘアの脱毛を行うことを、ハイジニーナと呼びます。欧米セレブの間で処理をしていることを公言する人が増えて、日本でも行う人が増加しています。

どの部位の脱毛でも言えることですが、人間の毛には生え変わりがあります。肌の表面から出ている毛は全体の%ほどで、他の毛は眠っていたり、抜け落ちていたりしています。そのために、毛の生え変わりに合わせて施術を受けることが必要になります。

繰り返し施術を行うことで確実な効果がある

ハイジニーナの場合は、元々生えている毛が多いために、なかなか施術を受けてもすぐには効果が得られないことがあります。2~3回施術を受けても毛が減らないと諦めたり、通うのを辞めてしまう人がいますが、きちんと繰り返し受けることで、確実な効果があります。

毛周期に合わせて3~4か月ごとに通いましょう

ハイジニーナ脱毛の通い方は、毛の生え変わりに合わせて3~4カ月ごとに通います。ホルモンの影響を受けやすい部位で、毛の生える周期が一定していない毛もあるので、最低5~6回は施術を受けるようにしましょう。

生理になってしまうと、施術が受けられないサロンもあるので、予約した日に当たってしまった時は、すぐに予約の変更をするようにして施術が継続するようにしましょう。諦めずに通い続けることが大切です。