京都で人気が高いVIO脱毛サロンを徹底分析しました。安いのに丁寧な接客で安心できるサロンや、痛みが少ないサロンなど、あなたに合った脱毛の仕方がきっと見つかります。

人気ランキング

第1位 シースリー

シースリー

シースリーでは、全身脱毛でも一回の施術で終わることが多いです。また生えても、永久メンテナンス保証があるため、また通うことでその悩みを解消できます。

初めての人も無料カウンセリングで詳細を説明してもらってから始められますので、不安なく開始できるのも魅力です。

こちらのリンクから申し込むと、脱毛完了までのメンテナンス保証が付いたVIO含む全身脱毛が9カ月0円ではじめられます。

京都にあるシースリー店舗一覧

京都河原町店

シースリー

第2位 ミュゼプラチナム

ミュゼプラチナム

ミュゼプラチナムの全身脱毛は、業界の中でも屈指の低価格でサービスを提供しています。

それでいて高い効果も期待できるので、脱毛サロンやクリニック選びの選択肢には必ず入ることでしょう。商品に勧誘も少なく、脱毛の初心者でも通いやすいのも特徴のひとつです。

こちらのリンクから申し込むと、全身のなかから気になる部位を3カ所選んで360円というお得な価格で脱毛できます。

京都にあるミュゼプラチナム店舗一覧

京都四条通り店、MOMOテラス店

ミュゼプラチナム

第3位 キレイモ

キレイモ

キレイモでは、33箇所の全身脱毛を行うことが可能です。モデルやタレントの多くも利用しており、高い脱毛効果を期待できます。

リーズナブルな価格で気になる全身のむだ毛ケアが行えるのもキレイモが口コミで人気を集めている理由です。他サロンからの乗り換えも増えています。

こちらのリンクから申し込むと、全身引き締め効果のあるキレイモのスリムアップ全身脱毛33か所が初回分無料です。もちろん、VIOや顔の脱毛もできるので、検討してみてください。

京都にあるキレイモ店舗一覧

四条河原町店

キレイモ

第4位 ディオーネ

ディオーネ

ディオーネの全身脱毛は12回のコースと6回のコースがありますが、追加料金で増やすこともできます。

痛みの少ない施術にこだわっているディオーネでは、子供や敏感肌の人も積極的に受け入れています。アトピー性皮膚炎などでも脱毛をしながら、美肌を目指せます。

こちらのリンクから申し込むと、敏感肌の人でも受けられる痛みの少ないVIO脱毛が5400円で体験できます。

京都にあるディオーネ店舗一覧

京都四条烏丸店、京都河原町店、西院駅前店、京都六地蔵店

ディオーネ

第5位 エステティックTBC

エステティックTBC

エステティックTBCの全身脱毛は、少ない回数でも高い効果が期待できるところが特徴です。
2つの方法を採用しており、毛の状態に合った方法を選ぶことができます。

また、他のサロンでは日焼けしている方や色黒の方は脱毛を断られることがありますが、エステティックTBCでは施術を受けることができます。

こちらのリンクから申し込むと、通常価格11680円の終わりのあるVライン脱毛を、1000円で予約することができます。

京都にあるエステティックTBC店舗一覧

京都駅前店、京都河原町店、イオンモール京都桂川店

エステティックTBC

第6位 脱毛ラボ

脱毛ラボ

脱毛ラボでの全身脱毛では、一回の来店で全身の施術を受けることが出来るプランが用意されています。

この方法であれば、半年から1年程度という短期間で全身のむだ毛を処理することが出来ます。全身脱毛施術というと、定期的に通うことが必要ですが、気軽に施術を受けたいという人にもおすすめです。

こちらのリンクから申し込むと、VIOを含む全身脱毛48ケ所が11ヶ月無料体験できます。

京都にある脱毛ラボ店舗一覧

三条河原町プレミアム店、四条烏丸店

脱毛ラボ

第7位 ヴィトゥレ

ヴィトゥレ

ヴィトゥレは首都圏に店舗があり、店舗間移動もできるからそれぞれの利用しやすい店舗に通うことができます。予定に合わせて全身脱毛を行えるから便利です。

ドクターサポートも充実しているため、万が一のトラブルの時には適切な対処をしてもらえて安心です。

こちらのリンクから申し込むと、ハイジニーナ脱毛6回が月額3000円から受けられ、初月無料のキャンペーンが受けられます。

京都にあるヴィトゥレ店舗一覧

京都河原町店

ヴィトゥレ

 

vio脱毛は汚いを綺麗にしてくれます

サロンやクリニックで行われている全身脱毛は全身のムダ毛を綺麗にしてくれると言う魅力がありますが、全身と言うのは目の周りを除いた部分で、アンダーヘアの総称でもあるvioラインが含まれているコースもあります。

女性の中にはvioラインのムダ毛は汚いので、ここだけを綺麗にしたいと希望する人も少なくありません。ムダ毛と言うのは見た目が汚いと感じる人が多いのですが、普段のvioラインは顔や腕、脚などと異なり、人目に晒される部分ではありません。

そのため、汚いと言うイメージにはギャップがあるのではないだろうかとイメージする人も多いのではないでしょうか。

下着に隠れている部分は蒸れやすい環境、女性には生理があるので、ムダ毛が生えている状態は雑菌の繁殖や臭いなどの原因に繋がり易くなります。

VIO脱毛でかぶれやニオイも防げる

肌が弱い女性などの場合は、かぶれてしまうケースもあり、常に衛生的に保つ事がかぶれや痒みを防止する秘訣にもなります。しかし、vioラインを脱毛するとムダ毛がなくなるので雑菌の繁殖が起こり難くなり、常に衛生的に保てるため、ニオイも減ると言うメリットもあります。尚、vioラインはビキニライン、陰毛、肛門周辺などの無駄毛を脱毛するもので、サロンやクリニックではこれらの部位を細分化している所もあるので、ニーズに合う部分を脱毛してくれるお店や病院を選ぶのが汚いと感じるムダ毛を処理して、綺麗な状態にして貰う事が出来ますし、脱毛する事で下着のお洒落も楽しめます。

vioにほくろがある人に適した脱毛法とは?

かねてよりデリケートゾーンのムダ毛を払拭する伝統が根付いている欧米に続くようにして、日本でも徐々にvio脱毛への関心が高まってきています。エステやクリニックなどでもこの脱毛施術を望む人が増えており、いわば身体の隅々まできれいに脱毛し終えた後の総仕上げとして選択されるケースが多いのが実情です。

vioとはビキニラインのv、女性器周辺のi、肛門周辺のoからなるワードで、これを3つ合わせて身体で最もデリケートな部位を象徴しています。美しさや嗜好性の面で払拭する人もいれば、匂いやかゆみを抑える便宜の上で選択する人も多く、また水着や下着着用時にムダ毛がはみ出ないためのエチケットとしてvioを徹底して処理する人も大勢います。

ほくろがあると、火傷する恐れがある?

ただし、この部位にほくろを持つ人は注意が必要です。というのもほくろを持っているとレーザーやフラッシュ施術を選択する場合に照射された光のエネルギーが毛根のメラニン色素に届く前にこのほくろの黒色に反応する危険性があり、最悪の場合には熱が集中して火傷を負うこともあるからです。かといって照射の出力を落とすと期待通りの脱毛効果を得ることができないというジレンマも起こりえます。

そのため、もしもほくろがあっても影響のない施術方法を選択したいのであれば、特殊なジェルを毛穴から浸透させて毛根に直接触れることでダメージを与えるという方法や、あるいは痛みはかなり強いですがうまく刺激を散らしながらニードル脱毛を執り行うというのも有効な手立てと言えるでしょう。

vio脱毛をすれば自己処理が楽になる

デリケートゾーンのむだ毛は自分で処理しようとすると上手に剃れなかったり、手が届かない部分や見えない場所も多いのできれいにできなくて困ってしまいます。無理に剃ろうとするとカミソリの当て方を間違えて肌を傷つける恐れもあるので、楽に処理したいならサロンやクリニックが行っているvio脱毛がおすすめです。

vioというのはビキニラインと股の間、お尻の周りの部位を総合したコースなので、自己処理が難しいアンダーヘアを全部まとめて脱毛してもらえます。プロの女性スタッフが施術をしてくれるので安心して受けられて、相手は慣れているので恥ずかしいと思う必要もありません。vio脱毛をしておけば海やプールに行くとき焦って自分で毛を剃ったりする手間がなくなり、急にデートの予定ができたときや露出度の高いショートパンツなどを着たいときにも落ち着いて行動ができます。

VIO脱毛でデリケートゾーンを清潔に

デリケートゾーンに汗をかいたり痒みやムレが気になっている人も、むだ毛がなくなればいつも清潔さを保っていられるので衛生的にも便利です。ずっと自己処理を続けていると埋もれ毛が増えたり肌を傷つけて雑菌が入ってしまい、デリケートゾーンが腫れたり皮膚病になってしまうような恐れもあるので、プロの手でvio部分を処理してもらえば自分でカミソリや毛抜きを使わなくてもよくなって生活が楽になります。

美容や衛生のために有効で、痒みや体臭の悩みも解決できるvio脱毛を実践してみましょう。

ミュゼでvio脱毛を効果的に

デリケートゾーンの脱毛は自分で行うと大変

vio脱毛は、女性のデリケートゾーンの脱毛です。この脱毛には、自分で行なう・エステティックサロンで施術を受ける・医療系美容クリニックで施術を受ける、などの選択肢があります。ヘアが薄くて少ない人は殆ど手入れが要らないという人もいますが、多い・濃いという人は、基本的には美容業者さんのお世話になり、効率的に行なうのが良いです。

エステサロン脱毛とレーザー脱毛

気になるのは、効果があるか・費用は高いのか・痛いのではないか、の3点だと思われます。美容業者さんの施術を受けるのなら、光方式(エステ系)やレーザー方式(医療系)ということになり、効果は後者が優り、費用は同等、痛みは後者の方が強めだと言えます。

痛みが気になるならエステサロンでの脱毛がおすすめ

レーザー方式は効き目が強力で、施術回数が少なくて済むなどより効率的に脱毛を進めていくことができます。反面1回当りの施術費用がやや高めです。光方式の場合は効き目はマイルドで1回当りの費用はやや安価ですが、トータルの施術回数が多めになるので、費用は同等と考えるべきです。

こうなると痛みの点でエステ系の美容業者さんの方を選ぶというのは正しいと考えられます。vio脱毛は自分で行なうには限界もありますし、継続的な効果は期待できません。

ミュゼのハイジニーナ7VIO脱毛コース

ミュゼではデリケートゾーンを7つに分けて「ハイジニーナ7VIO脱毛コース」というメニューが用意されています。ハイジニーナという上品な名前でセンスがうかがえるだけでなく、施術回数が増えて費用がかさまないようにと4回セットまたは6回セットの場合料金が半額になる、という得点があります。ミュゼはこうした良心的かつ丁寧な施術が人気を集めています。

デリケートゾーンの自己処理で限界を感じているのならば、こうした業者さんを利用して効率的に、あるいはアドバイスをもらいながら効果を実感しつつ施術を続けていくのが良好なのではないでしょうか。